派遣のしくみ

このページでは派遣の仕組みについてお伝えしていきます。

派遣とは

世間一般で「派遣」と言われますが、派遣は正式には人材派遣といいます。人に関わるビジネスは多岐に渡りますが、その人材ビジネスの1つが人材派遣です。

人材派遣の仕組み

人材派遣は、人と労働の流れと、お金の流れが組み合わさってワークしています。

人と労働の流れ

派遣社員に仕事の一部を担ってもらいたい派遣先企業は、派遣会社(派遣元企業)との間で労働者派遣契約を結びます。

一方派遣会社では、派遣会社経由で仕事がしたい人を随時集めており、お仕事をしたい人達を多く抱えています。派遣会社はその人達の中から、派遣先の企業のニーズに適した人を選出して、当人が了承すれば、派遣先企業へ派遣します。

派遣された労働者(派遣労働者)は、派遣会社との雇用契約で定められた期間、派遣先企業で働くことになります。派遣先企業とは指揮令関係になります。

お金の流れ

労働者派遣契約に基づき、派遣先企業から派遣会社へ、派遣労働者の賃金と派遣会社の手数料に相当する金額が支払われます。派遣労働者の給料については、雇用関係にある派遣会社から支払われ、勤怠管理を含む労務管理も一般的に派遣会社がおこないます。

このように、人材派遣会社、派遣先企業、派遣労働者の3者が双方に関連しながらワークしている仕組みが人材派遣です。

派遣には登録型と雇用型がある

人材派遣には、登録型と常用型があります。

登録型とは

登録型とは、まず派遣会社に登録し、派遣先企業のニーズと合致し労働者が就業に応じた場合にのみ、期間を定めて派遣会社と雇用契約を結び、派遣されるというスタイルの人材派遣です。

派遣会社に登録しても、必ずしも発見されるという保障はなく、マッチングをした時のみ、派遣をされ、給料をもらえるという仕組みです。そのため派遣スタッフの多くは、複数の派遣会社に登録し、仕事を探すことが多いです。

賃金は、通常時間給 ×実働時間のみで、ボーナスや退職金はありません。また交通費も自己負担なことが多いです。

常用型とは

一方、常用型とは労働者が派遣会社に無期雇用の派遣スタッフとして雇用され、派遣先企業に派遣されるスタイルのことです。

派遣会社との雇用契約が退職まで無期限になっていますので雇用は安定しています。賃金は月給のことが多く、ボーナスもあります。

世の中で一般的に派遣と言われているのは、登録方の派遣の方が多いです。仕事を得るためには、複数の派遣会社に登録することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です